ある中学1年生の挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二宮です。
いつもありがとうございます。

フェアリージャパンの演技を見たことがありますか?
もしなければ、ぜひ見てください。
私は驚愕しました。

人間は訓練するとこんなことができるようになるんだ!

本当にすごすぎる。

中学1年生のHさん。
中間テストの結果をもってきました。
英語は60点半ばで、他は30点後半。

「これまで以上にダメでした。」
と報告してくれました。

私は
「いや、いい結果でしょ。だって全然勉強しないで
この結果でしょ。どれもあと15点くらいとれば
平均点になりますよ。」

ちょっと不満そうでしたが、勉強していないことは
確かなので、一応納得してくれたみたいです。

「あとは、いつから本気を出すか、だよ。」

「高校受験をどう考えているのかわかりません。
このままずーっと続けて、入れる高校に行く、
ということなら、それでもいいので、このまま
いきましょう。」

「そうではなく、ある程度の高校を考えているなら、
1年間の半分を超えた今から始めないと間に合いません。」

すると、こんな展開に。

「行きたい高校があって、〇〇高校。ある程度の
レベルでないと大学受験が難しくなるとお母さん
にも言われているし・・・」

その学校のレベルを調べると、偏差値65。

「偏差値65って、100人中何位だと思う?」

「30位くらいですか?」

「いや、7位以内。」

「クラス何人?」

「30人くらい。」

「じゃあ、1位か2位。」

「クラスは何クラス?」

「5クラス。」

「じゃあ、150人いるので、学年で一桁。
今なら間に合いますが、やりますか?」

「はい。やらないと。」

「では次に、今、毎日暇ですか?」

「暇ではないです。」

「そうですよね。この時代、暇な中学生はいませんよね。
そうなると、勉強する時間を作るためには、何かを
やめないといけなくなります。何をやめますか?」

「携帯をいじりすぎているので、その時間を減らします。」

「毎日どのくらい勉強する?」

「10分とか20分ですか?」

「いや、65だとそれは難しいね。1時間から
始めて1時間30分、2時間と増やしていくなら
いいでしょう。」

こんな話をしながら、1週間の予定を決めました。
平日1時間、土・日は2時間の予定です。

Hさんの話で、他人主導の話し方なのが気になる
ところですが、今週1週間の行動結果を注視して
いきます。

このような私の指導に興味があれば、下記から
仮登録しておいてください。

 ⇒ https://ws.formzu.net/dist/S26131839/


今日のお手紙を書き終えて

今回お話ししたような話し合いをしながら子ども達を
指導しています。

というのは、勉強するのは本人ですから、本人が
理解して納得して勉強しないと全く意味がないからです。

勉強して成績を上げ、志望校に合格すればいい、
わけではありません。

子ども自身が、この経験を通じて成長することが
大切だと考えています。

========== 参考になる記事をリンクしておきます======

「トロッコ問題 死から逃げ続けてきた結果
 死を受け容れられない大人」

 ⇒ http://adzdzikri.com/torokko.html

やっぱり学校はおかしい。

「小学生女子の”綺麗すぎるノート”が危険なワケ」

 ⇒ http://adzdzikri.com/notes.html

机に向かっていることが勉強だ、と考えている子は
たくさんいます。

裏メルマガを発行します。
裏メルマガでは、ほかでは話せない
ようなことや、教材・講座の特別
割引の話などをします。
不定期発行で、いつでも解除できます。
もちろん無料ですので、お気軽に
ご登録ください。

⇒ http://adzdzikri.com/uraa.html

明日で締め切ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行者】まめの木塾塾長 二宮智宏
【特電法】西東京市田無町3-3-25
【バックナンバーで以前の記事が読めます】
 http://www.rdmayer.com/wp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*